製品を
見る»
対話する長谷川弓具店 対話する長谷川弓具店 対話する長谷川弓具店 対話する長谷川弓具店

神の装飾

歴史

初代長谷川三郎が静岡県で徳川家矢師である増田英司の元で修行の末、大正13年に上京。
昭和元年、東京都港区三田にて開業し、現在に至ります。
矢師として二代目康則、三代目英一と代々伝統と技術を継承し営業しております。弓、矢、など弓具を専門的に扱うほか、現在では幅広く技術を継承するため若手の育成にも力を入れております。

理念

弓道は武道の中でも最も多くの道具に関わります。残念ながら現在は、長い歴史と伝統のあるそれらの道具を正しく高いレベルで製作できる職人が少なくなっております。このままでは技術継承も困難になります。科学的な研究も含め、映像などでは伝えられない本物の素晴らしさを伝えていく事が私たちの目的であり使命でもあります。

箟張り

矢は箟張りとバランスで矢飛びが決まります。
私たちは竹矢を作る技術を基に、お客様とお話しさせていただきながら、最適な矢をお選びいたします。
初めてのご注文の際は、実際に竹矢を前にしてご説明させてただきますので、ご来店ください。

ご注文方法

つまのり

真っ直ぐになっているかを見極めるため、矢を爪に乗せて回転させます。滑らかな音と濁りのある音を聞き分けて、矢の曲りを確認します。

ご注文方法

製品ギャラリー

古来より、弓道の道具の多くが身近な自然材を使用し作られてまいりました。
素材の性質を活かし、使い手の要望や時代の需要に応えながら、
進化してきたのです。
お客様とお話しさせていただくことで、より目的にあった性能の道具を
ご用意したいと考えております。

ご注文方法

営業/アクセス

108-0073 東京都港区三田4-8-34
営業時間 朝9:30〜19:00
定休日 第2・4日曜日
TEL 03-3451-7440
FAX 03-3451-7099

アクセス方法を見る >